入院について

入院手続きと持ち物について

確認させていただくもの

受付で確認 □健康保険証
□介護保険証
□各種受給者証
□各種手帳
※確認後は返却いたします
□診察券
※入院中はお預かりし、退院時お返しします

提出していただくもの

病棟に提出 □入院誓約書
□入院された患者様へ
□各種同意書
※ご記入いただき、病棟の看護師にお渡しください
□入院セット契約書
※入院セットを利用される方のみ、リース契約書に記入いただき、看護師にお渡しください。

入院生活に必要なもの

  • #

    □衣類(パジャマ・上着・下着・靴下等)
    ※2~3組ご用意ください

  • #

    □コップ
    □お茶を入れるポットか水筒
    ※割れにくいものをお持ちください
    ※必要な方はエプロンもお持ちください

  • #

    □洗面道具(歯ブラシ・コップ)
    ※義歯の方は入れ歯洗浄剤と容器も必要
    ※ヒゲ剃りは電動のものをお持ちください

  • #

    □入浴用品
    (石けん・シャンプー・リンス等)

  • #

    □バスタオル2枚
    □タオル3~4枚

  • #

    □ティッシュ1箱

  • #

    □服用中のお薬
    □お薬手帳

  • #

    □履き慣れた靴

  • #

    □オムツ・パット(必要な方のみ)
    ※オムツのみのリースもあります
    ※手術をされる方は一組必要です
    (当院売店にて一組ずつの販売あり

  • #

    □必要時(義歯・補聴器等)
    ※私物は自己管理をお願いします

・持ち物には、全てお名前を書いてお持ちください。
・リースをご契約される方は別紙契約書を確認の上、用紙に署名しお申し込みください。
・リース契約は当院との契約ではなく、リース会社との契約になります。詳しくは看護師にお聞き下さい
・多額の現金や貴重品はお持ちにならないようお願いいたします。
・TVカードの購入が自己で困難な方は、ご家族の方が購入していただきますようお願いいたします。
・床頭台には金庫が設置されています。所持品は各自で管理していただき、鍵は自己管理していただくようお願いします。万一、紛失・盗難されましても当院は責任を負いかねますのでご注意ください。
・金庫の鍵を紛失された場合は、再作成となり3,000円、ご負担いただきます。

入院中の生活について

入院中の日課

・入院中は主治医、看護師等の指示に従い、規則正しい生活を送ってください。
・病棟を離れる時は必ず看護師にお声かけください。

6時~8時 モーニングケア、採血・採尿(必要な方)
8時~9時 朝食
9時~12時 【安静療養】
点滴・検査・清潔ケア・検温・血圧測定
12時~13時 昼食
13時~18時 【安静療養】
点滴・検査・清潔ケア・検温・血圧測定
18時~19時 夕食
19時~21・22時 【安静療養】
イブニングケア

食事について

・病状によって治療食になる場合があります。病院食以外のご飲食は治療の妨げになる場合もありますので、持ち込みを希望される際には看護師にご相談ください。
・食品によるアレルギーのある方は、入院時にお申し出ください。
・お茶は、1日2~3回お配りします。お茶とお湯は各階ホールにもございますので、ご自由にお飲みください。

お薬について

・入院中のお薬は、必要があれば薬剤師・看護師が管理いたします。
・入院前に服用していたお薬がある方は、お薬をご持参ください。
・持参されたお薬については、なくなる3日前までに看護師にお知らせください。
注意:入院中に他の医療機関に受診した場合、お薬(シップや目薬を含む)や注射、リハビリ等は健康保険をご使用いただけず、自費でお支払いいただく場合があります。入院中にお薬がなくなったり、他院ヘの受診をお考えの場合は、必ず主治医または看護師に ご相談ください。

病室について

・病室は大部屋(4人部屋)・準個室・個室・特別個室をご用意しています。

部屋タイプ 準個室 個室A 個室B
装備品 パーテンションタイプ収納家具・冷蔵庫・TV テレビ・ソファ・冷蔵庫・電話 テレビ・ソファ・冷蔵庫・トイレ・電話
料金 2000円(税別)/日 8000円(税別)/日 10000円(税別)/日

※病室の状況により、ご希望に添えない場合や、患者様の病状によって、他の病室やベッドを移動していただく場合があります。ご理解とご協力をお願いいたします。

テレビについて

・各階ナースステーションの前にテレビカード販売機を設置しています。
・1枚¥1.000で約16時間視聴いただけます。(千円札のみの対応です)
・カード残数のご精算は、2階ナースステーションの前の精算機にてお願いします。

電話・通信について

・公衆電話は、1階の本館エレベーター近くと各病棟ホールに設置しています。
・携帯電話は病室内での使用はご遠慮ください。
・当院でwi-fi、無線LANなどインターネット環境の開放はしておりません。
個人契約の無線を使用される際は、まわりの患者様へのご配慮をお願いします。
医療機器に影響がある場合は使用をご遠慮いただくことがありますのでご協力をお願いいたします。

感染防止について

・アレルギー体質や免疫力の低下した患者さまへの感染防止のため、生け花や鉢植え、食べ物の持ち込みはお断りする場合があります。
・院内では不織布マスクの着用をお願いしております。ご協力をお願いします。

リストバンドの着用について

・患者様がご本人であることを確認するために、ネームバンドを着けていただいております。
お薬を渡す時、検査・採血をする時、点滴や輸血をする時、手術を受ける時などに確認をしています。
職員と一緒に安全の確認にご協力ください。

外出・外泊について

・外出・外泊の際には医師の許可が必要です。希望時には看護師にお申し出ください。
・外泊は最長で2泊3日です。
・許可が出た場合は、所定の用紙に必要事項を記入し提出してください。

飲酒・喫煙・迷惑行為

・院内での飲酒・喫煙は堅く禁じています。
・暴言・暴力・セクシャルハラスメント、無断外出等があった場合には、
退院していただくことがありますのでご注意ください。

退院について

・退院の時間につきましては、当院では午前中(10時~11時)にお願いしています。また、精算の都合上、退院は平日・土曜日をご案内しています。

その他

・入院中は、医師・看護師の指示をお守りください。(安静・運動・散歩)
・病院内の器具・備品など、患者様の故意・過失によって破損された場合は、費用をご請求させていただく場合があります。
・駐車場には限りがあり、費用がかかります。入院時の車での来院はご遠慮願います。(送迎は可)
急遽のご入院の場合も入院日と退院日のみの割引となりますので、ご了承ください。
(立体駐車場は2時間無料となっています。)
・入院生活でご不明な点がございましたら、看護師へ遠慮なくお尋ねください。

相談窓口のご案内(地域医療連携室・看護相談)

当院では、入院に伴って起こる患者様やご家族の生活上の不安や心配事、退院後の住宅ケアなどについて、専任の看護師と医療ソーシャルワーカーが相談の窓口となり、皆様のお手伝いをさせていただいています。また、医療や看護に関する相談も受けております。

利用方法 病棟の看護師にお申し出いただくか、地域連携室(1階)をお尋ねください。
相談窓口 地域医療連携室
TEL:078-591-7333(直)
FAX:078-594-0985

面会について

面会実施日月曜日~土曜日(祝日を除く)
面会実施時間14:00~17:00
面会場所各病棟ロビー

面会の条件は以下の通りです。

<直接面会>

面会時間1回10分以内
人数3名様まで(中学生以上・ご家族・ご親族に限る)

・発熱があるなど、患者様の状態により、直接面会が出来ない場合があります。

<オンライン面会>

面会時間1回10分以内
人数5名様まで

・ご面会の方に来院していただき、1Fスペースで病棟の入院患者様とオンラインにて面会していただきます。
*面会場所は日により変わることがあります。オープンスペースになる場合もありますことをご了承ください。
当院のオンライン面会は<ZOOM>を使用しております。病院のみでの使用となりますので、ご自宅等で個人のパソコンやタブレットではご利用いただけません。

<共通のお願い>

事前の予約制とさせていただきます(必ず前日までに予約をお取りください)
*予約受付:月曜日~土曜日(祝日を除く)9時~17時
*予約は直接来院されるか、TELにて受付けております。(078)591-6776(代表)
*次回の予約は1枠のみとさせていただきます。
面会に来られる際は、不織布マスクの着用、入館時の手指消毒、検温のご協力をお願いいたします。
体温が37.5℃以上、または体調不良、倦怠感、咳、咽頭痛などがある場合は、来院前にご連絡ください。その場合の面会はご遠慮いただきます。
食べ物の差し入れはご遠慮いただき、面会中の飲食は禁止です。
面会後、2日以内にコロナウイルスやインフルエンザの陽性診断を受けた場合は、当院まで速やかにご連絡ください。
予約時間に遅れた場合、面会ができないことがあります。ご了承ください。

医療関係者の皆様へ

当院の取り組み

情に棹させば流される。智に働けば角が立つ。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。とかくに人の世は住みにくい。意地を通せば窮屈だ。 とかくに人の世は住みにくい。 どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。意地を通せば窮屈だ。山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。智に働けば角が立つ。 とかくに人の世は住みにくい。山路を登りながら、こう考えた。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。情に棹させば流される。 意地を通せば窮屈だ。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。意地を通せば窮屈だ。 とかくに人の世は住みにくい。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。山路を登りながら、こう考えた。 情に棹させば流される。智に働けば角が立つ。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。とかくに人の世は住みにくい。意地を通せば窮屈だ。 とかくに人の世は住みにくい。

地域連携室
看護師採用サイト